読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。

怒りのパワーじゃ角が立つ(桜田桜の日常21)

 桜が戻ると、グループのみんなはゆでたジャガイモをザルにあけたりゆで卵の皮を剥いたり、玉ねぎを水にさらしたりしているところだった。

「サクラ君、大丈夫?」

 みんなは手を止めて、心配そうに桜を見つめる。

「はい、大丈夫です。ご心配をおかけしてすみませんでした」

「ううん、同じ班なのに気を遣ってあげなくてごめんね。少し遅いとは思ったけど、ホームルームが少し長引いたぐらいにしか思わなくて」

「俺のクラス、いつも最後ですからね」

「でしょ。だから特に何も考えずに、普通に準備進めちゃってたわ」

「ごめんね」

 先輩方が口々に謝ってくれるので、桜は「こちらこそすみませんでした」と頭を下げた。

 

「で?」

 手を洗いエプロンをつけた桜に、七屋先輩が低い声で問う。

「一体何があった?どこのどいつだお前を苛めようなんて不届き千万なやつは」

 誰だか分かれば仕返ししてやる、といった体(てい)の七屋先輩に、桜は「知らない人だったので…」と言葉を濁す。

 本当に知らないし、仮に知っていたとしても黙っていた方が良さそうだ。

 

「サクラ君、色白だし細いしお化粧したら多分女の子と間違われるくらい美人だから、気をつけなきゃダメよ!」

 三年生の一人がそんな事を言い出し、桜は「ええっ?!」と両目を見開く。美人だなんて、初めて言われた。

「今まで、女の子と間違われて口説かれた事とかないの?」

「ありませんよそんなの!」

「ふーん」

「て言うか、女の子には見えないでしょ?俺、結構筋肉もついてますよ?」

「あー、それでちょっと胸あるっぽく見えるんだね」

「んなっ?!」

「お尻もぷりんぷりんだしね」

「そ、それはコンプレックスで…!」

 兄から『お前の栄養、身長より尻にいってるみたいだな』なんて冗談交じりに言われたりするから、もう本当に嫌なのだ。

 

「て言うか先輩、今のはセクハラっすよ?」

 七屋先輩が苦笑交じりに言った時、背後で咳ばらいが響いた。

「あ、部長」

「君たち、さっきからおしゃべりばかりで調理が進んでないようだけど?早くジャガイモを潰さなくていいのかな?」

「皮は剥いたんで、いつでも潰せますよ。サクラ、早く塩コショウしないと味がなじまない。さっきお前を苛めたやつをやっつけるつもりでジャガイモを潰せ」

「あの、俺一応さっきの人はやっつけましたけど」

「なんだ、自慢の脚で逃げて来たんじゃないのか」

「一応、のしてから逃げました。ところで何ですか、自慢の脚って。友達からも言われましたけど」

「サクラ君、今朝部長と追いかけっこしたでしょ?『めっちゃ脚速かった!』って評判になってるんだよ」

「そうなんですか?」

「ちなみに、部長とサクラ君を追いかけて走ってた野次馬たちは、鬼先生につかまって指導を受けたって」

「ええっ?!」

 鬼先生は、生徒指導担当の鬼のように厳しいと言われている先生だ。桜はまだ今のところ注意を受けた事はないが、まさかそんな事になっていたとは。

 

「桜。その話は後でいいから、早くジャガイモを潰して塩コショウしちゃいなさい。七屋の言う通り、冷めてからじゃ味がなじみにくい」

「はい、すみません!」

 七屋先輩から受け取ったすりこぎでガンガン芋を潰し始めると、晴夏がぽつりと言った。

「桜、やっぱり彼らのこと怒ってるんだね」

「潰し方が尋常じゃないですよね。怒りをぶつけろって言いはしたけど」

「そんな怒りのパワーで作った料理じゃ、味に角が立ちそうだな」

「じゃあ俺の失言か。サクラ、恨みは忘れて…」

「恨んでないし怒ってません!」

 早くしないと味がなじまないって言われたから、ただ急いでるだけです!

 

 しかし急ぐと言うより慌ててしまっていたようで、桜は塩コショウをかけ過ぎた。

「見事に味がとがったな」

「すみません…」

「大丈夫だよ、これくらいなら砂糖で緩和できるから。ヨーグルトを加えてもマイルドになるよね。酸味も出るし」

「あ、そんなレシピありました!」

「確かサクラ君のノートでは、オリーブオイルを先に混ぜるんだったよね。そうする事で味も良くなるしマヨネーズの量が減らせるって」

「はい!」

「脂肪、気になるの?」

「それ以上お尻が大きくならないように?」

「違っ…わないけどやめて下さい!」

 桜のミスを責める人は誰もいなかったけれど、そのかわりこの後もたっぷりからかわれたのだった。

 

 

暑い日が続いてますね。

つぶやき

お久しぶりです、縞衣です。

随分と長く更新をお休みしてしまい申し訳ありません。

 

まだ七月の始めだというのに、暑い日が続いていますね。

ついつい冷たい食べ物や飲み物が欲しくなりますが…冷えには要注意です。

スイカやメロンも暑い日にはもってこいですが、食べ過ぎるとお腹が痛くなりますので気を付けましょう。(実体験)

冷房もかけますし、夏こそ冷えには注意が必要です。

 

さて、桜君のお話は番外編を書きたいと思っているのですが、本編ももちろん書きたいです。

が、もう少し忙しさが続きそうで、更新するのはもう少し先になるかもしれません。

申し訳ないですが、読んで下さっている方には、気長にお待ち頂けたらと思います。

 

それでは短いですが近況報告でした。

 

事のあらまし (桜田桜の日常20)

桜田桜の日常

「桜、何があったの?」

 少しして、晴夏が抱きしめていた腕を緩めてそう聞いた。

「あの…」

 彼女の温もりにホッとして安心しきっていたが、ここは調理実習室だ。

 急に恥ずかしくなり、桜は「大丈夫です」とかみ合わない返事をする。

 

「とてもそうは見えないんだけどね。君、さっきまで顔が真っ青だったよ?何かあったんでしょ」

 晴夏は心底心配そうに、桜の頬を両手で包む。

 まるで青かった顔を温めて貰っているようで、桜は一気に赤くなった。

 

「話してくれないなんて、寂しいな…。私は信用できない?」

 真っ直ぐに瞳を見つめた状態でそう言われ、桜は小さく頭を振る。

「じゃあ、話してくれる?」

 反射的に頷くと、晴夏は「よし」と桜の頬から手を離し、立ち上がった。

 

桜田、少し先生と話そうか」

 少し離れた場所で様子を見ていた中瀬先生が、桜の側へきて身をかがめる。

「立てる?」

「はい…」

 あれを先生からも見られていたなんて…。桜はあまりにも恥ずかしくて、今すぐ戸を開けて逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

 声も消え入りそうに小さくなってしまい、それを先生は余程怖い目に遭ったと解釈したらしい。

「あまり大丈夫じゃなさそうね…。晴夏、あんた付き添って」

「分かりました」

「ちょっと準備室で話しましょう。凛子、部活の方よろしくね」

「はい」

 名前の通り凛とした声が響くと、中瀬先生は視線で桜を促した。

 

「桜…」

「大丈夫です、立てます」

 心配顔で手を差し出そうとする晴夏に笑って見せ、桜は立ち上がる。

 三人で実習室を出、準備室に入った。

 一面の棚にはズラリと本や資料が並び、机が一つと、丸椅子がいくつか置かれている。

 先生は机の前に椅子を二つ用意すると、桜に座るよう言った。

 桜が腰かけると、自分も正面に座り、桜の傍らに立つ晴夏にちらりと視線を向ける。

「先生、私はここで」

 晴夏が桜の肩にそっと手を置くと、中瀬先生は「そう」と言って桜の目を見つめた。

「何があったか、教えてくれる?」

 その声色は優しいが、有無を言わせぬ響きがある。

 

「あの…二年生三人に、待ち伏せされたんです。でも多分、向こうはちょっとからかってやろうくらいの気持ちだったと思います。『こんな所で酷い事はしない』とか言っていましたし…」

「うん。それで?」

「それで…いろいろ言われたんですけど、掴まれそうになったので、とっさに反撃しました」

「反撃?」

 中瀬先生と晴夏の声が重なった。

 

「そう言えば桜田って、中学まで合気道してたんだっけ」

「え、そうなんですか?!」

 先生の言葉に、晴夏が大きな声を上げる。

 

「うん。入部者の履歴書確認した時に見たよ。晴夏は知らなかった?」

「はい」

「まあ晴夏は履歴書まで見ないし、まだ今日彼女になったばかりだから無理ないね」

「先生、冷やかさないでください」

「ごめんごめん。…それで、話を戻そうか。反撃して、その後は?」

「えっと、ビックリしてたのでその間に逃げました。でもだからあの、俺は何もされてないです。俺は一人投げましたけど…」

 

 過剰防衛だと言われるだろうかと桜は思ったが、先生は何もされていない事にホッとしたようだった。

「良かった…。校内で暴行事件なんてなったら、大変な事になるところだったよ」

「すみません」

 頭を下げる桜に、「桜田が謝る事じゃないでしょ」と中瀬先生は言う。

 

「だいたい、一人相手に三人で絡むなんて卑怯でしょ。相手、知ってる生徒だった?」

「いえ、知りません」

「そう。分かれば、厳重注意するんだけど。相手、男子よね?」

「そうですけど…なんで分かったんですか?」

「そりゃ、『こんなとこで酷い事しねえから』とか言うなら男でしょ。掴みかろうとしてきたくせにね。桜田、見た目が細くて可愛いから反撃されるとは思わなかったんでしょうけど…だからこそ、何する気だった?って問いただしたいわけよ、私としては」

 中瀬先生は憤慨して腕組みする。

 

「あの…でも何もされませんでしたし、俺の方が投げ飛ばしてしまって…」

「相手、ケガしたの?」

「下が廊下だったので打ち身くらいは…。加減はしましたけど」

「そう、だったら大丈夫ね。待ち伏せして襲おうなんて卑劣な事したんだもの、打ち身くらいいい薬よ。桜田、相手が分かったら報告するのよ。こんな事、彼らの為にもならないから」

「分かりました。でも多分、襲おう…とまではしてなかったと思います」

「酷い事はしないって言ってたから?」

「はい」

「でもその発言自体が嫌らしいよね。変な目で見られなかった?」

「……」

 確かに嫌らしい目で見られはしたが肯定できずにいると、中瀬先生は溜息をついた。

 

「やっぱりね…。桜田、これからは十分気をつけるのよ。学校でもそうだけど、君って一人暮らしだし、登下校中もね。それからこの事は、学年主任に報告します」

「えっ」

「当たり前でしょ?場合によってはご両親にも連絡するからね」

「…」

 できればそれはやめてほしいが、下手に言うと怒られそうで、桜は口をつぐんだ。

 

「さ、部活に戻ろうか。それとも今日はもう帰って休む?」

「いえ、部活に戻ります」

「そう?動揺して指ケガしたりしない?」

「大丈夫です!」

「分かった、じゃあ部活に戻ろう」

 立ち上がりながら、中瀬先生は「桜田、ほんとに実習好きだね」と笑う。

「いっつも目キラキラさせてるもんね。覚えるのも早いし、何か調理系の職に就きたいの?」

「え?いえ、まだそこまで考えてません」

「ふうん、そっか。ま、料理は覚えて損はないからね。そのうちご両親に何か作ってあげるといいよ。きっと喜ぶから」

「はい!」

 

 準備室を出ると、晴夏が耳元でこそっと「無理はしないでね」とささやいた。

「あっ、はい」

「後で話したいから、部活の後、待っててくれる?」

「はい」

 頷くと、晴夏は桜の肩をぽんっと叩き、ニッコリした。

「じゃあ、約束」

 晴夏に小指を出され指切りまでして恥ずかしかったが、先生は先に実習室に入っていたので、桜はホッとした。

 

「桜、頑張ろうね」

「はい」

「よし!入ろう」

 晴夏に背中を優しく押され、桜は実習室に入った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『かわいい璃々の悩み』 4大ストアにて販売開始!

お知らせ 活動日記 目指せ電子書籍化!(電子書籍化奮闘日誌) お礼

こんにちは、縞衣です。

梅雨に入ったはずですが、とても天気がよく暑いです。

 

さて、『かわいい璃々の悩み』4大ストアで販売が開始されました!

 

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

かわいい璃々の悩み

かわいい璃々の悩み

  • 縞衣
  • 家族/人間関係
  • ¥100

 

play.google.com

こうしてみると、同じようにリンクを張っても各ストアによって表示のされ方が違って面白いですね。

申請したのが7日で、今日が10日。

こんなに早く配信されると思っていなかったので驚きました。

そう言えば前回もそうだったかな…と思ったりもしますが、半年ぐらい経つともう忘れてます。

 

それから、『桜田桜の日常1』iBooksでも再配信開始されました。

これで、4大ストア全てで再配信された事になります。

 

そして、Amazonではまた作品が売れていました!もう本当に嬉しいです!

ありがとうございます!

2巻発売に向かっていきたいと思います。

 

話しは変わりますが、先日ブログのデザインを変更しました。

理由は、スマートフォン版ではPC版のサイドバーの部分が表示されない、という事に気づいたからです。

「今頃か!もっと早く気づけ」と自分で自分に激しくツッコミを入れましたが、いつもチェックする時はPCだったので、スマホ版のプレビューも確認していたはずなのに、記事だけ見てOKと思ってたんですね。マヌケでした。すみません。

 なにより一番ショックだったのは、スターや読者登録をいただいた時のお礼コメントが表示されていなかった事です。はてなハイクを利用していたのですが。ガーン…。

 

そういう訳で、デザインを変更しました。

 今まで知りませんでしたが、デザイン設定のスマートフォンのところで、レスポンシブデザインにチェックを入れて対応したテンプレートに設定すると、自動でPC版とスマホ版に切り替わるページにできるのですね。公式テンプレートでも対応しているものがありました。

今まで普通に見逃していたので、改めて勉強不足だと実感…。すみません。

でも気づけたので良かったです。

 

さて、それでは暑かったり雨が降ったりと天気も変動して大変だと思いますが、負けずに頑張りましょう!

 

『かわいい璃々の悩み』 メディバンより販売開始!

お知らせ つぶやき 活動日記 目指せ電子書籍化!(電子書籍化奮闘日誌)

こんにちは、縞衣です。

 

『かわいい璃々の悩み』ですが、いよいよメディバンより販売開始しました!

medibang.com

4大ストアでの販売も申請しておりますので、審査が通り次第、販売が開始される予定です。

 

このお話はもともとブログでの短期集中連載作でしたが、非常に荒削りであったため、大幅に加筆修正し、文字数もおよそ倍になりました。

試し読みもありますので、ぜひ読んでみていただけると嬉しいです。

(でも、冒頭部分はそこまで大差ないかもしれません。おもに変わったのは、後半部分ですので)

 

さて、次は『桜田桜の日常2』が控えております。

読み切りで恋愛小説やコメディも書きたいんですが…コメディは、本当は一話当たり1000文字以内の四コマ漫画的なものをやってみたいという願望があります。

コメディって難しいんですけどね…。

でも、ショートストーリーを書くのは好きです。

 

今回、『かわいい璃々の悩み』を書くに当たって、勉強不足も非常に感じました。

最近は夏目漱石の作品が好きなんですが…青空文庫ならば無料でたくさん作品が読めますし、もっとたくさんいろんな作家さんの本を読んで勉強したいです。

文学作で一番のお気に入りは武者小路実篤の真理先生ですが、これからもっと好きな作品が増えていくといいですね。

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。