読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。

(桜田桜の日常20)

桜田桜の日常

「桜、何があったの?」

 少しして、晴夏が抱きしめていた腕を緩めてそう聞いた。

「あの…」

 彼女の温もりにホッとして安心しきっていたが、ここは調理実習室だ。

 急に恥ずかしくなり、桜は「大丈夫です」とかみ合わない返事をする。

 

「とてもそうは見えないんだけどね。君、さっきまで顔が真っ青だったよ?何かあったんでしょ」

 晴夏は心底心配そうに、桜の頬を両手で包む。

 まるで青かった顔を温めて貰っているようで、桜は一気に赤くなった。

 

「話してくれないなんて、寂しいな…。私は信用できない?」

 真っ直ぐに瞳を見つめた状態でそう言われ、桜は小さく頭を振る。

「じゃあ、話してくれる?」

 反射的に頷くと、晴夏は「よし」と桜の頬から手を離し、立ち上がった。

 

桜田、少し先生と話そうか」

 少し離れた場所で様子を見ていた中瀬先生が、桜の側へきて身をかがめる。

「立てる?」

「はい…」

 あれを先生からも見られていたなんて…。桜はあまりにも恥ずかしくて、今すぐ戸を開けて逃げ出したい気持ちでいっぱいだった。

 声も消え入りそうに小さくなってしまい、それを先生は余程怖い目に遭ったと解釈したらしい。

「あまり大丈夫じゃなさそうね…。晴夏、あんた付き添って」

「分かりました」

「ちょっと準備室で話しましょう。凛子、部活の方よろしくね」

「はい」

 名前の通り凛とした声が響くと、中瀬先生は視線で桜を促した。

 

「桜…」

「大丈夫です、立てます」

 心配顔で手を差し出そうとする晴夏に笑って見せ、桜は立ち上がる。

 三人で実習室を出、準備室に入った。

 一面の棚にはズラリと本や資料が並び、机が一つと、丸椅子がいくつか置かれている。

 先生は机の前に椅子を二つ用意すると、桜に座るよう言った。

 桜が腰かけると、自分も正面に座り、桜の傍らに立つ晴夏にちらりと視線を向ける。

「先生、私はここで」

 晴夏が桜の肩にそっと手を置くと、中瀬先生は「そう」と言って桜の目を見つめた。

「何があったか、教えてくれる?」

 その声色は優しいが、有無を言わせぬ響きがある。

 

「あの…二年生三人に、待ち伏せされたんです。でも多分、向こうはちょっとからかってやろうくらいの気持ちだったと思います。『こんな所で酷い事はしない』とか言っていましたし…」

「うん。それで?」

「それで…いろいろ言われたんですけど、掴まれそうになったので、とっさに反撃しました」

「反撃?」

 中瀬先生と晴夏の声が重なった。

 

「そう言えば桜田って、中学まで合気道してたんだっけ」

「え、そうなんですか?!」

 先生の言葉に、晴夏が大きな声を上げる。

 

「うん。入部者の履歴書確認した時に見たよ。晴夏は知らなかった?」

「はい」

「まあ晴夏は履歴書まで見ないし、まだ今日彼女になったばかりだから無理ないね」

「先生、冷やかさないでください」

「ごめんごめん。…それで、話を戻そうか。反撃して、その後は?」

「えっと、ビックリしてたのでその間に逃げました。でもだからあの、俺は何もされてないです。俺は一人投げましたけど…」

 

 過剰防衛だと言われるだろうかと桜は思ったが、先生は何もされていない事にホッとしたようだった。

「良かった…。校内で暴行事件なんてなったら、大変な事になるところだったよ」

「すみません」

 頭を下げる桜に、「桜田が謝る事じゃないでしょ」と中瀬先生は言う。

 

「だいたい、一人相手に三人で絡むなんて卑怯でしょ。相手、知ってる生徒だった?」

「いえ、知りません」

「そう。分かれば、厳重注意するんだけど。相手、男子よね?」

「そうですけど…なんで分かったんですか?」

「そりゃ、『こんなとこで酷い事しねえから』とか言うなら男でしょ。掴みかろうとしてきたくせにね。桜田、見た目が細くて可愛いから反撃されるとは思わなかったんでしょうけど…だからこそ、何する気だった?って問いただしたいわけよ、私としては」

 中瀬先生は憤慨して腕組みする。

 

「あの…でも何もされませんでしたし、俺の方が投げ飛ばしてしまって…」

「相手、ケガしたの?」

「下が廊下だったので打ち身くらいは…。加減はしましたけど」

「そう、だったら大丈夫ね。待ち伏せして襲おうなんて卑劣な事したんだもの、打ち身くらいいい薬よ。桜田、相手が分かったら報告するのよ。こんな事、彼らの為にもならないから」

「分かりました。でも多分、襲おう…とまではしてなかったと思います」

「酷い事はしないって言ってたから?」

「はい」

「でもその発言自体が嫌らしいよね。変な目で見られなかった?」

「……」

 確かに嫌らしい目で見られはしたが肯定できずにいると、中瀬先生は溜息をついた。

 

「やっぱりね…。桜田、これからは十分気をつけるのよ。学校でもそうだけど、君って一人暮らしだし、登下校中もね。それからこの事は、学年主任に報告します」

「えっ」

「当たり前でしょ?場合によってはご両親にも連絡するからね」

「…」

 できればそれはやめてほしいが、下手に言うと怒られそうで、桜は口をつぐんだ。

 

「さ、部活に戻ろうか。それとも今日はもう帰って休む?」

「いえ、部活に戻ります」

「そう?動揺して指ケガしたりしない?」

「大丈夫です!」

「分かった、じゃあ部活に戻ろう」

 立ち上がりながら、中瀬先生は「桜田、ほんとに実習好きだね」と笑う。

「いっつも目キラキラさせてるもんね。覚えるのも早いし、何か調理系の職に就きたいの?」

「え?いえ、まだそこまで考えてません」

「ふうん、そっか。ま、料理は覚えて損はないからね。そのうちご両親に何か作ってあげるといいよ。きっと喜ぶから」

「はい!」

 

 準備室を出ると、晴夏が耳元でこそっと「無理はしないでね」とささやいた。

「あっ、はい」

「後で話したいから、部活の後、待っててくれる?」

「はい」

 頷くと、晴夏は桜の肩をぽんっと叩き、ニッコリした。

「じゃあ、約束」

 晴夏に小指を出され指切りまでして恥ずかしかったが、先生は先に実習室に入っていたので、桜はホッとした。

 

「桜、頑張ろうね」

「はい」

「よし!入ろう」

 晴夏に背中を優しく押され、桜は実習室に入った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『かわいい璃々の悩み』 4大ストアにて販売開始!

お知らせ 活動日記 目指せ電子書籍化!(電子書籍化奮闘日誌) お礼

こんにちは、縞衣です。

梅雨に入ったはずですが、とても天気がよく暑いです。

 

さて、『かわいい璃々の悩み』4大ストアで販売が開始されました!

 

www.amazon.co.jp

books.rakuten.co.jp

かわいい璃々の悩み

かわいい璃々の悩み

  • 縞衣
  • 家族/人間関係
  • ¥100

 

play.google.com

こうしてみると、同じようにリンクを張っても各ストアによって表示のされ方が違って面白いですね。

申請したのが7日で、今日が10日。

こんなに早く配信されると思っていなかったので驚きました。

そう言えば前回もそうだったかな…と思ったりもしますが、半年ぐらい経つともう忘れてます。

 

それから、『桜田桜の日常1』iBooksでも再配信開始されました。

これで、4大ストア全てで再配信された事になります。

 

そして、Amazonではまた作品が売れていました!もう本当に嬉しいです!

ありがとうございます!

2巻発売に向かっていきたいと思います。

 

話しは変わりますが、先日ブログのデザインを変更しました。

理由は、スマートフォン版ではPC版のサイドバーの部分が表示されない、という事に気づいたからです。

「今頃か!もっと早く気づけ」と自分で自分に激しくツッコミを入れましたが、いつもチェックする時はPCだったので、スマホ版のプレビューも確認していたはずなのに、記事だけ見てOKと思ってたんですね。マヌケでした。すみません。

 なにより一番ショックだったのは、スターや読者登録をいただいた時のお礼コメントが表示されていなかった事です。はてなハイクを利用していたのですが。ガーン…。

 

そういう訳で、デザインを変更しました。

 今まで知りませんでしたが、デザイン設定のスマートフォンのところで、レスポンシブデザインにチェックを入れて対応したテンプレートに設定すると、自動でPC版とスマホ版に切り替わるページにできるのですね。公式テンプレートでも対応しているものがありました。

今まで普通に見逃していたので、改めて勉強不足だと実感…。すみません。

でも気づけたので良かったです。

 

さて、それでは暑かったり雨が降ったりと天気も変動して大変だと思いますが、負けずに頑張りましょう!

 

『かわいい璃々の悩み』 メディバンより販売開始!

お知らせ つぶやき 活動日記 目指せ電子書籍化!(電子書籍化奮闘日誌)

こんにちは、縞衣です。

 

『かわいい璃々の悩み』ですが、いよいよメディバンより販売開始しました!

medibang.com

4大ストアでの販売も申請しておりますので、審査が通り次第、販売が開始される予定です。

 

このお話はもともとブログでの短期集中連載作でしたが、非常に荒削りであったため、大幅に加筆修正し、文字数もおよそ倍になりました。

試し読みもありますので、ぜひ読んでみていただけると嬉しいです。

(でも、冒頭部分はそこまで大差ないかもしれません。おもに変わったのは、後半部分ですので)

 

さて、次は『桜田桜の日常2』が控えております。

読み切りで恋愛小説やコメディも書きたいんですが…コメディは、本当は一話当たり1000文字以内の四コマ漫画的なものをやってみたいという願望があります。

コメディって難しいんですけどね…。

でも、ショートストーリーを書くのは好きです。

 

今回、『かわいい璃々の悩み』を書くに当たって、勉強不足も非常に感じました。

最近は夏目漱石の作品が好きなんですが…青空文庫ならば無料でたくさん作品が読めますし、もっとたくさんいろんな作家さんの本を読んで勉強したいです。

文学作で一番のお気に入りは武者小路実篤の真理先生ですが、これからもっと好きな作品が増えていくといいですね。

『桜田桜の日常1』 誤字発見に伴う修正に関して

お知らせ お詫び 活動日記 目指せ電子書籍化!(電子書籍化奮闘日誌)

こんにちは、縞衣です。

 

桜田桜の日常1』の誤字発見に伴いまして、すでに購入された本は修正後のデータに上書きされるのか、メディバンに問い合わせていました。

 関連記事はこちら↓

simakoromo.hatenablog.jp

simakoromo.hatenablog.jp

 

Amazonは、やはり修正がわずかとなり、修正版の配信対象とはならないそうです。

楽天koboにつきましても、書籍が更新されても自動的に修正後の書籍に差し替わる仕様ではないとの事でした。

やはり、出版前の確認はとても重要だと痛感しています。申し訳ありませんでした。

 

今回の件では、メディバンのインフォメーションの方に大変お世話になりました。

メールにて問い合わせたのですが、丁寧に対応して下さいました。本当にありがとうございました。

 

『かわいい璃々の悩み』も現在確認中なのですが、もう少し時間がかかりそうです。

読むたびに修正箇所が出て来るし、修正後、少し時間をおかないと、間違いも発見できなかったりします。

時間をおくと、新たな気持ちで読む事ができ、新たな発見もあります。

賞に応募する場合も、『推敲は念入りに』『執筆後、推敲までには時間をおく』とノウハウで読みましたが、こういう理由ですね。

 

それでは、今後とも当ブログをよろしくお願いします

 

『桜田桜の日常1』 Amazon、楽天kobo、Google Play で再配信はじまりました。

お詫び お知らせ 活動日記 目指せ電子書籍化!(電子書籍化奮闘日誌)

こんにちは、縞衣です。

先日誤字を発見した『桜田桜の日常1』ですが、Amazon楽天koboGoogle Play にて再配信がはじまりました。

 

さっそく手持ちの kindle で内容が修正されているか確認しました。まだ時間が経っていないせいか、それとも間違いが微妙だと判断されたせいか分かりませんが、一度端末から削除して再度ダウンロードしてみても、以前と同じでした。

 

kdp.amazon.co.jp

↑これを見ると、

読書の妨げにならない「小さい修正」がわずかな場合

読者への修正配信の対象にはならないそうです。

わずかな修正の内容は、

句読点の追加や位置の変更、送り仮名の変更など、読書の妨げにならない軽微な修正がごく少量の場合

 となっていますので、おそらく、今回の修正はこれに当てはまるかと。

だとすると、修正分の配信はされない可能性が高そうです。

 

今回調べたのはkindleダイレクト・パブリッシングのヘルプですが、私の場合、自分で直接Amazonに出版申請をしている訳ではないので、上記に当てはまらない部分もあるかもしれません。

 

いずれにせよ、誤字を発見できずに配信申請をしてしまった事が大きな失敗だったと反省しております。ご購入下さった方、本当に申し訳ありませんでした。

これからは気を付けて参りますので、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。