読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。4作品連載中。

追いかけっこと、告白と (桜田桜の日常10)

(何を考えてるんだよ部長!)

 桜は走りながら、困惑していた。

 

 もう始業が近いせいで、大勢の生徒とすれ違う。

 その度に生徒達は、猛ダッシュで逆走する桜を何事だろうかと見やる。

 生徒玄関へさしかかり、人の数がさらに増えたが、桜は構わず突っ切った。

 こんな所をダッシュしているから、みんな驚いて足を止める。

 ぶつかりそうになる者もいたが、桜は反射神経でよけた。

 ぼうっとしているなんて言われる事もある桜だが、それはただ考え事をしているだけで、やる時はやるのだ。

 

「待ちなさい、サクラ君!廊下を走るんじゃなーい!」

 

 そして、やはり猛ダッシュで、桜の名前を呼びながら、腰にも届く長い黒髪を振り乱し追いかける部長を、多くの生徒が驚愕の表情で見つめた。

 

「ちょっ、今の晴夏(せな)様じゃない?!」

「うん、間違いなく晴夏様よ!」

「何で男子を追いかけてるの?!」

「今まで多くの男子を振り続けた晴夏様が追いかけるって、どんな男?!」

「分からない、ダッシュしてるからよく見えなかった!」

「キャーッ、私達も追いかけましょ!」

「どっちに行った?!」

「あっちあっち!」

「これは大スクープよ!」

 

 こうして、桜の知らない間に事は大きく変化していく。

 

 

 一方桜は、職員室のあるA棟の階段を駆け上がっていた。

「はぁっ、はぁっ」

 息が切れるが、止まる気にもなれない。

「桜っー」

 ダッシュで追いかけながら、部長が桜の名前を呼ぶ。

 ずっと「サクラくーん!」と言っていたのに、長く叫ぶ事が難しくなってきたからなのか、部長は名前を呼び捨てにしている。

 

(何で呼び捨てなんだよ!)

 桜は走りながら、それを不服に思った。

 さっきだって、『私の桜』なんて言っていたし。

 人前で、抱きしめるし。

 

(いや…抱きしめた訳じゃない?)

 花岡から引き離そうとしただけかもしれない。

(でも、何で?)

 

 最初は驚きと戸惑いが猛ダッシュの源となっていたが、しかし階段を駆け上る内に、だんだんと冷静さが戻ってきた。

 四階までくると、最上階だからもう上はない。

 ついに立ち止まり、両膝に手をついて肩で息をしていると、部長が追いついた。

 

「はぁっ、はぁっ、な、にをして、はぁっ、るんだ君は!」

  やはり膝に手をつき息を整えながら、部長は桜を軽く睨んだ。

 

「公衆の面前で、廊下を猛ダッシュなんて!」

 だいぶ息が整った彼女がそう言うので、桜も負けじと返す。

「先に公衆の面前で抱きついてきたのは部長ですよね?!」

「あれは抱きついたんじゃなくて、あの男から引き離しただけだ!」

 

 ああ、やっぱりそうだったのか。

 桜はそう思ったが、表には出さない。

 他にもまだ言いたい事があるのだ。

 

「何で引き離す必要が?!あんなの、友達同士でふざけ合ってただけじゃないですか!それなのに、『その男が好きなのか』とか、訳の分からないこと言って!それも、みん

なの前で!」

「ついカッときたんだよ!君が、あいつの腕の中で赤い顔なんかしてるから!」

「な、何ですかその言い回し!腕の中って、変な言い方しないで下さい!」

「だってその通りだったじゃないか!ハグなんて一瞬すればいいものだろ?!なんであんなにする必要があるんだ!」

「あれは、女子達が面白がって写真に撮りたいって言ったからです!それで花岡が、それくらいはいいだろうって!俺だって、本当は写真なんて好きじゃないし、恥ずかしいし、真っ赤にだってなりますよ!」

 

「じゃあ嫌だったのか?!」

「嬉しい訳ないでしょう?!」

「そんなの分からないじゃないか!私は君じゃないんだから!」

 

 部長の言葉に、桜は両目を見開いた。

 それは確かにその通りだが、まさかそう返されるとは思ってもいなかった。

 

 返答に詰まる桜に、部長は勝ち誇ったような顔で迫る。

 桜は下がるが、もともと部長との距離はほとんどなかったので、再び『窓ドン』になってしまった。

 

「ふふ、また窓ドンだね」

 またもや窓枠に手をつき、先程までとは打って変わった喜々とした表情で、少し低い場所にある桜の顔を見下ろす部長。

「な、何ですか」

 桜は強気を装ったが、この顔の部長には弱い。

 さっきまでは余裕がなかったのに、何がきっかけでいつもの部長に戻ったのだろう?

 至近距離に部長の整った顔があり、桜はどこを見ていいのか分からず、顔を背けて横を見る。

 

「サクラ君。私はね、君が可愛いんだよ。何せ、唯一の新入男子部員だ。入部の動機も気に入った。君には頑張ってもらって、しっかり料理も上達してほしいと思ってる」

「…はい」

 思いがけず真面目な話で、桜は後輩らしく返事をする。

 

「だから私たち、付き合おう」

 桜はつい流れで頷きかけ、しかしその内容のおかしさに気づき、「は?」と思わず部長の顔を見る。

 目が合うと、部長はこれまでの勝気な顔とは違う、嬉しそうなやわらかい笑みをこぼした。

 

 その瞬間…桜の心臓が、大きく跳ねた。

 恥ずかしいはずなのに、その笑顔から、目が逸らせなくなる。

 

「やっと私を見てくれた。君はいつも、私を真っ直ぐには見てくれないから」

 

 それはそうだ、と桜は思った。

 部長の勝気な笑顔は苦手だし、彼女は美人だ。

 雑誌に出てモデルをやっていてもおかしくないくらい、テレビのCMに出て街中にペタペタとポスターが貼られていても不思議はないくらい、スタイル抜群で綺麗なのだ。

 そんな人を、平気で直視できる男なんてそうそういないだろう。

 

「サクラ君。私ね、君が好きだよ。だから、目を逸らさないでもっと私を見てほしい」

「え……?」

 

 桜は、吐息を感じる程の距離にいる部長を意識し過ぎて、彼女の言葉はちゃんと耳を通過したけれど、頭に到達したそれをすぐに理解する事はできなかった。

 

「だからね、私は君が好き。桜田桜という名前の、男の子が好き」

 

 ゆっくりと紡がれた部長の言葉は、じんわりと水が染みるように、桜の心にも沁み始める…。

 

「早く一人前に、なりたくて。料理も頑張って覚えようと、人一倍張り切ってて。真面目で、一生懸命で。そんな君が、好きになった。目で追わずに、いられなくなった。もっと一緒にいたいって、初めて思ったんだ。だから――君と、もっと一緒にいてもいい?」

 

 そう告げた時の部長の顔は、とても綺麗だった。

 緊張もしているのだろうけれど、いつもの勝気な感じはなく、とても透き通った、美しい水のように思えた。

 決してふざけたりからかったりしているのではなく…真っ直ぐな彼女の気持ちだと、感じられた。

 

 だから、なのだろうか。

 桜の頭は真っ白で、どう答えたらいいのかも、分からなかったけれど。

 ただゆっくりと、頷いていた。

 気の利いた言葉なんて、思いつかなかったけれど。

 でも、だからこそきっと、これは桜の、心からの言葉だ。

 

「俺で良ければ…喜んで」

 

 桜の返事に、部長はただ微笑んだ。

 

(ああ…まただ)

 その笑顔を見て、桜は思った。

 また、あの綺麗な笑顔だ。

 目を逸らせない、吸い寄せられ、惹きつけられる笑顔…。

 心が、まるで春の日差しのように、温かくなる笑顔…。

 

(ああ…。俺、部長が好きなんだ…)

 

 ふわふわとした感覚に包まれながら、桜は静かに目を伏せる。

 

「桜…?」

「恥ずかしいです…」

「どうして?」

 優しく問う部長に、桜は聞いた。

「部長は…恥ずかしくないんですか?」

 

「私は、嬉しいよ。だって、君が付き合ってくれるんだ」

 

 付き合う。

 

 部長の言葉に、桜は改めて実感した。

 彼女の言う『一緒にいたい』は、やっぱりそういう意味なんだ。

 

 それなら、色気も素っ気もなく『部長』ではなくて、名前で呼んだ方がいいのかな。

 みんなの前ではともかく、二人の時は…。

 彼女の名前は、葛(かつら)晴夏。

(じゃあ…葛先輩?それとも…)

 

「桜、何考えてるの?」

 

 部長の声に、桜はハッとした。

 いけない。悪い癖が出た。

 桜はいちど思考を始めると、状況も忘れてそこにはまってしまうのだ。

 今のように、とびきり美人な彼女が、目の前にいるような状態でも。

 いや――逆に、あまりに緊張する状態だからこそ、逃避の為に思考へと走るのかもしれない。

 

「桜…。こんなに隙だらけの姿を、君を好きだと言う人間の前にさらしちゃいけないよ。何をするか、分からないんだから」

「え…」

「世の中、いい人ばかりじゃないんだよ?早く自立したいんだったら、その辺もしっかりしなきゃね?」

 部長はそう言って、右手で桜の髪に触れた。

 

「走ったから、乱れちゃったね。汗もかいてる」

 彼女は桜から少し離れ、スカートのポケットからハンカチを取り出し、桜の頬にそっと当てる。

 

「あ…すみません」

「ありがとう、って言ってくれた方が嬉しいな」

「ありがとう…」

「うん、どういたしまして」

 

 彼女が嬉しそうに笑った時、予鈴が鳴った。

 

「あ、ホームルーム」

 桜は部長の言葉に腕時計を見て、目を疑った。

「部、先輩!ホームルームじゃなくて、授業ですよ!」

「本当だ。予鈴、鳴っていたっけ?」

 

 ホームルームの開始前にも、予鈴が鳴るはずなのだ。

 階段を駆け上ったり言い合ったりしている内に、二人そろって聞き逃してしまったらしい。

 

「早く戻りましょう!」

 桜は慌てて、とっさに彼女の手を掴んだ。

「え、桜?」

「早く!三年生は、遅刻なんてしたらまずいでしょ?!」

「大丈夫だよ、一回くらい」

「いいから!」

「うん」

 

 なぜか彼女はなかなか走り出そうとしなかったが、桜が繰り返し急かすと嬉しそうに頷き、桜の手をギュッと握り返した。

 

(あ…)

 

 そうか、だからか。

 手…嬉しいって、思ってくれたんだ…。

 

 遅れてその事に気づいた桜は、とにかく早く教室へ向かう事に集中し、どうにか恥ずかしさを誤魔化そうと試みたのだった。

 

 

---------------

 

お読み下さり、ありがとうございます!

 祝 10回記念は、祝告白!となりました!

二人を微笑ましく見守って頂けたら嬉しいです。

これからもよろしくお願いします!

 

11.大変な一日の始まり

9.部長の怒りとその理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。