読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。3作品連載中。

花岡が語る幼稚園時代(桜田桜の日常14)

桜田桜の日常

 三時間目が終わった。

 挨拶が終わると、桜は教科書もしまわず、真っすぐに花岡の席へと向かう。

「さっきのどういう事?!俺、いくら考えても分からなかったんだけど!」

 机に両手をついて迫る桜に、花岡が驚いた顔をした。

 

「サクラ、ちょっと落ち着けよ」

「落ち着いてるよ!でも、授業の間ずっと考えてもどこで会ったのか分からなかった」

「え、ずっと考えてくれたのか?ごめん、余計なこと言ったな」

「別に余計じゃないけど。それで、どこで会ったんだよ?」

 

 授業が終わるなり花岡に詰め寄る桜に、クラスメイト達も注目している。

 そんな中で、花岡は重大発表でもするかのように、こほんと一つ咳払いした。

「なんか緊張するなこれ…」

「いいから早く話せ」

 桜ではなく、イライラし出した深山がそう言った。

 深山は、普段大人しい事や細身でソフトそうな外見から『気長で優しそう』と言われる事が多いが、実は意外と短気なのだ。

 

「そう睨むなよ深山っち。ちゃんと話すからさ。そう…あれは、俺がまだ幼稚園の頃…」

「おい、変にカッコつけるな」

 眉間に寄ったしわがピクピクと動き始めた深山に、花岡はごくりと唾をのみ込んだ。

「ごめん、普通に話す。えっと、別にそんな特別な事じゃなくて、ありがちな事なんだけど。俺の親父が仕事の都合で引っ越すまで、俺はサクラちゃんと同じ幼稚園に通ってたんだ」

 

「ええっ?!」

 桜は大声を上げた。

 同じ幼稚園に、花岡が通っていた?

「俺、全然記憶にないんだけど!」

 

「そりゃそうかもな。当時の俺って、小さくて影の薄い、地味な子どもだったから。サクラちゃんはいつも元気で走り回ってて友達もいっぱいいたし、そんな目立たない子どものこと覚えてなくても無理ないって」

「うっ…ごめん」

「いや、別に今の責めた訳じゃないから。サクラちゃんの様子からして、多分ほぼ間違いなく覚えてないだろうと思ってたし」

「花岡は、すぐに俺だって分かったのか?」

 桜の問いに、花岡はニカッと笑顔を見せた。

 

「そりゃ分かったよ!なんたってサクラちゃんは、俺の初恋の人だったからな」

「は…初恋?」

 え、初恋って何だっけ。と大真面目に考える桜の横で、桑尾が「マジかよ」と呟いた。

 深山は、いっそう眉間のしわを深くする。

「おい、花。お前まさか…」

 しかし彼の低い声は、一拍置いて起きたクラスメイト達の「えぇ~っ?!」という絶叫にかき消された。

 

「ちょっとどういう事よ花岡!」

「あんたまさか、今でもサクラ君の事?!」

「やたらサクラ君にハグしてると思ってたけど、そういう理由だったの?!」

 

 主に女子からの質問攻めに、花岡はイスを蹴るように立ち上がり、「待った待った待った!」と大声で制す。

 

「さっきのは言い方が悪かった!落ち着いて聞けよ!あのな、確かにサクラちゃんは俺の初恋の人だったけど、それはサクラちゃんの事を女の子だと思ってた間だけだ!」

「それって要するに、サクラ君って小さい頃メチャクチャ可愛かったって事?!」

「女の子と間違えるくらいに?!」

「可愛かったよ。あの頃は女の子にしか見えなかった」

 

「きゃー!」

「やだやだ、すっごいお宝話じゃない!」

「やっぱサクラ君かわいかったんだー!」

 

 クラスメイトからの視線を一斉に浴び、桜は赤くなった。

「きゃっ、すっごい照れてる!」

「可愛い~!」

 

「それでそれで?!女の子じゃないって気づいたのはいつなのよ?!」

「まさか、思わぬ再会をして初めて…」

「いや、それはない。オイシイ展開じゃなくて悪いけど。当時、俺はサクラちゃんを見て可愛い女の子だと思って、いっつも見てたんだ。明るくていい子だなって。でも、ある日トイレで立ちションしてるの見た時に、一気に恋心が砕け散った」

「ぎゃはははは!」

 教室中に、笑い声が響き渡った。

 

「そりゃマジショックじゃん!」

「かわいそー!」

「おう、すっごいショックだった。まだ小さかったけど、立ってオシッコするのは男だけって分かってたからな。髪にリボンのピンとかつけてる癖に何で男なんだよ!って、一時すごい恨んでたよ、サクラちゃんの事」

「えーっ!」

 

「て言うか何よリボンのピンって?!」

「スカートとか履いてたの?!」

「や、スカートは履いてないよ!ピンは姉さんがつけたがって、外したらダメって言われてたから仕方なくつけてただけ!」

 

 このままでは女装趣味があると思われそうで、桜は焦って説明した。

 

「お姉さん、どうしてリボンつけたがったの?弟なのに」

「妹みたいに可愛かったからじゃない?」

「いや、ほんとは妹が欲しかったからだよ。俺が生まれた時、女の子じゃなくてすごくガッカリしたんだって。口数も減ったらしくて、心配した両親が、髪飾りだけならつけてもいいよって言ったって聞いてる」

「じゃあ、服は男の子用だったの?」

「うん」

「ふーん」

「でも、リボンのピンつけてたから花岡は女の子だと勘違いしたと」

「うん…」

 

 そう言えばそうだったな…と、桜は当時に思いを馳せる。

 男の子からは『さくは女だー!』とからかわれたし、女の子の中には本気で桜が女の子だと勘違いしている子もいた。

 

『さくちゃんをいじめないでー!』

『男の子は、女の子をいじめちゃダメなんだよ!パパがゆってたもん、男は女をまもらなくちゃダメだって!』

『さくちゃんは女の子なのにスカートはかないの?』

『さくちゃんもおひめさまごっこしよ!』

 そう言って桜の腕を引く女の子達はとてもエネルギッシュで、男の子達は仕方なく引き下がる事もしばしばだった。

 

 そしてあの中に、花岡もいたのだ。

 桜は覚えていないけれど、リボンのピンをつけていた事まで知っているのだから、間違いない。

 

「花岡…。俺、マジで覚えてなくてごめん」

「いや、そんな昔のこと気にするなって。て言うか、俺も忘れてたし。入学式の日、なんとなーく顔に見覚えがあって、もしかしてと思ったら名前が桜田桜だったから、ああやっぱりなって。ろくに話した事もなかったし、サクラちゃんが覚えてなくても当たり前なんだって」

「…そうかな」

「そうそう。それに、さっき恨んでたなんて言ったけど、それはほんとにちょっとだけだからな?本当は、ずっとお礼を言いたかったんだ。結局何も言えないまま、引っ越しちゃったけど」

「え…」

 

 お礼って、どうして?

 桜が瞳を向けると、花岡は微笑んだ。

 

「サクラちゃん、俺が『チビ』って苛められてた時、『やめろよ!人がいやがることはやっちゃダメなんだぞ!』って…こう、両腕広げて俺の前に立って、守ってくれたんだよ」

 花岡は、両腕を大きく広げて見せながらそう言った。

「サクラちゃんだって、俺とほとんど変わらなかったのにさ。あの時、サクラちゃんの背中見ながら、カッコいいなって…俺も、カッコいい男にならなきゃダメなんだって思った。それからかな。思い切って自分から人に話しかけたり、できるようになったのは。それまでは本当に内気で、目立たない子どもだった」

 

「へー!」

「いい話じゃん!」

「成程。では、今の君がいるのは桜のお陰とも言える訳だな」

「ああ、確かにそうとも言えるかな…」

 花岡は、珍しく照れて頭を掻く。

 

「話は分かった。しかしだからと言って、君に桜はやらないからな。まさか初恋の人だなんて、まったく…」

 桜の肩に腕を回し、軽く抱き寄せながらそう言ったのは。

 

「キャーッ、晴夏様とのツーショットよ!」

「カメラカメラ!」

「やだーっ、悔しいけど超お似合いじゃなーい!」

「晴夏様、もうほんとに素敵すぎ!」

「サクラ君かわいー!」

「ハハハッ、サクラ首まで真っ赤だぞ!」

 

 一体いつ来たのか、なぜか当たり前のようにいた晴夏が、花岡に笑顔を見せる。

 

「料研に入るのは君だな?待ってるからいつでもおいで」

「あっ、ありがとうございます!」

「桜に手出ししないか、しっかり見張ってやる」

「えぇっ?!」

 

 花岡は両目を見開いたが、晴夏の視線はすでに桜へと移っていた。

 

「桜。ランチを一緒にどうかな?」

「えっ…らんち?」

「そう、ランチ。一緒にどう?」

「はい…」

 

 桜は恥ずかしさを通り越し、ぼんやりしながら自分の席へと向かおうとする。

「あっ、まだだよ!四時間目が終わったらね?」

「あ…はい」

「秘密のいい場所、知ってるんだ。迎えに来るから、待っててね」

「はい…」

「じゃあ、もう四時間目始まるから行くね」

 晴夏は桜の耳元に顔を近づけ、最後にこうささやいた。

 

「顔が真っ赤だから、洗っておいで」

「!」

 その言葉に、桜は夢から覚めたようにハッとする。

 さっそうと教室を出ていく晴夏の後ろ姿を見た桜は、何かのスイッチが入ったように彼女を追った。

 

「待って!」

「桜?」

 

 驚いた顔の晴夏に、桜は「ありがとうございました!」と頭を下げた。

「え?」

 何が?と首を傾げる晴夏。

 

「花岡の部活の事です!」

「ああ。私も、君には嫌われたくないからね」

 晴夏はそう言って、ウインクした。

 

「キャーーーッ!」

 

 廊下にいた女子達の悲鳴が、ずっと向こうの壁や、階段までにも響き渡った。

 

15.いざ、ランチへ

13.ケンカと仲直りと…

 

 

 

 

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。