読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。3作品連載中。

いざ、ランチへ(桜田桜の日常15)

桜田桜の日常

「桜、お待たせ!」

 四時間目が終わると、晴夏がやって来た。

 その手には、チェックのハンカチに包まれたお弁当。

 

「なんだ桜田、彼女のお迎えか」

 生徒から質問を受けてまだ教室に残っていた若い数学教師が、冷やかすように桜を見た。

「お前、モテるな」

 黒縁眼鏡をくいっと指で上げ、ニヤリと笑う。

「あまり事件は起こさないでくれな。あと、高校生らしいお付き合いで頼むぞ」

 

「事件って何ですか?」

 桜は意味が分からなかったが、「葛に聞け」と短く言って、先生は片手を挙げて出て行った。

 

「先輩。事件って何ですか?」

「それは後で話そうか。それより早くランチにしよう!」

 うきうきした様子の晴夏に、桜は赤くなった。

 実を言うと、さっきからずっと緊張している。

 

 晴夏とお昼の約束をした時は、花岡の思い出話に興奮するクラスメイトの視線や熱気に包まれ、桜自身もなんだか興奮状態にあった。

 だから彼女の「ランチを一緒に」という申し出にも夢見心地で了承してしまったが、二人きりで食事をするのだと改めて思うと、そわそわしてしまうくらい恥ずかしい。

 だから気を紛らわす為に質問してみたりしたけれど、大して効果はなかったようだ。

 

 授業が終わってすぐにカバンから取り出した弁当は、すでに机の上に置いてあるのに、なかなかそれを手に取れずもじもじする桜の背中を、花岡がバシンと叩いた。

「頑張れ、男の子」

「な、何をだよ!」

「何って、そんなもじもじしてたら女の子みたいだからさ。サクラって女の子の中で育った男なんだろ?やっぱどっかソフトだよな」

「う、うるさい!それに一番上は兄さんだ!」

「え、兄貴もいんの?」

 

 意外、とクラスメイト達の顔に書かれていて、桜は勢いよく弁当を掴んだ。

「行ってきます!」

「おお、行ってこい」

 

 晴夏の待つ入口へ行き、廊下に出る。

 桜の席は廊下側から二列目だから、そこまではすぐだ。

 それなのになかなか一歩を踏み出せなかった事が、桜は恥ずかしかった。

 ああやって頑張れと背中を押してくれた花岡達に感謝しつつ、桜は晴夏を少しだけ見上げた。

 

「お、お待たせしましたっ」

「ううん、全然待ってないよ。行こっか」

 クスッと笑い声をこぼしやわらかく微笑む晴夏は、王子様と言うよりは優しいお姉さんだった。

 

(こんな顔もするんだ…)

 

 今まで彼女のカッコいい面ばかり見ていたけれど、桜は新たな一面を発見した気持ちがして、照れくさくもあったが嬉しかった。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 今回は短くなってしまいました。

 進展が遅く申し訳ありません。

 

 私の中の晴夏と桜はすでにゴールインし子どもにも恵まれファミリーとなっているせいか、逆にこの辺りのお話は少し書きづらい…という状態になってしまっています。

 晴夏が桜に告白する辺りは絶好調だった気がするのですが。

 主人公の桜よりも晴夏の方がイキイキしていますね。

 

16.秘密の場所で

14.花岡が語る幼稚園時代

 

 

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。