読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。3作品連載中。

1.俺と親父《前》 (葉蘭万丈!)

 「酒買って来い!」
 怒鳴り声と共に、床にビール缶を叩きつける音が響く。
「さっさと行けこの野郎が!」
 尻を思いっ切り蹴りつけられた。


 親父の酒癖の悪さは、昔からだ。妻である母親は、とっくの昔に逃げ出した。息子の俺を置いて。
 もう十年も前の話だ。
 ひどいとか薄情だとか、思って恨んだ事もある。
 どうして俺を連れて行ってくれなかったのか。どうして、親父の元に置いて行ったのか…。
 その時は、どうしても分からなかった。
 でも、今なら分かる。
 母親は、恐れていたんだ。
 息子の俺が、いつか親父のようになり、再び自分を傷つける事を。
 成長と共に、俺はその事に気がついた。


 昔の俺は、わざと親父に反抗して、顔や首や、目に見えるところを殴らせようとした。
 そうすれば、学校で教師が不審がってくれるかもしれない。
 児童相談所や警察に連絡が行って、親父が逮捕されてくれれば、俺は暴力から解放される。
 でも、親父は目につくところに傷を負わせるなんてヘマはしなかった。


 親父には借金がある。
 そのせいで見張りがつけられていて、俺が自分で警察へ逃げ込むなんて事もできなかった。
 家の中には、各部屋に一つずつ、隠しカメラと盗聴器が仕掛けられている。
 長年そんな状態だと、どこにそれがあるのかまで簡単に調べられるようになる…にも関わらず、外してしまう事はできない。
 例え外しても、留守中に侵入され再度仕掛けられるだけで、おまけに「どうして外した」と殴られるのだから、何の得もない。


 だから、いつも誰かに見られていると分かった上で生活するしかない。
 風呂でもトイレでも、隠し事なんか一切できないように常に見張られているのだ。
 そんな中で、親父はしょちゅう俺に手を上げる。
 少しでも何かが気に入らないと、殴られ、蹴られた。
 辛いのは、鳩尾への一発だ。しばらく息もできない。
 必死に息を吸おうとして、吸えなくて喘ぐ。気絶した事もある。


 親父は、昔から問題ばかり起こしていたそうだ。
 母親は、親の知り合いからの紹介で、そんな親父と嫌々結婚したらしい。
 息子を置いてでも逃げたかった母の気持ちが分かる気がしてしまうのは、そういう理由からだ。
 もともと望んでいない相手との結婚だったのだ。
 幸せになれたならいいけれど…予想していた、もしかするとそれよりも遥かに酷い現実だったなら、誰だって逃げたくもなる。
 だからもう、母の事は恨んでいない。


 むしろ、親父の事も俺の事もすっかり忘れて、新しい人生を歩んでいてほしいくらいだ。
 いつか再会したいだなんて、望んでもいない。
 きっと母は、親父とそっくりに成長してきた俺を見たら怯えた顔をするだろうし、そもそも会いたくもないはずだ。
 すっかり忘れるだなんて、できないだろう事は分かっている。
 だが俺にとっては、母は間違いなく過去の人で、もはや顔を思い出す事さえできないし、日々の生活の中では、母の事を思い浮かべる事だってない。
 俺の頭にいつだって浮かぶのは、一緒に暮らしている親父だ。
 幼い頃は、ただひたすら恐怖の対象として、しかし今では、たった一人の家族として。


 うちの生活は楽じゃない。俺は中学にすらほとんど通わなかったし、もちろん高校にだって行っていない。
 俺が働かなければ、親父はすぐに悪い癖が出てせっかく稼いだお金も失くす。
 俺が働くようになるまでは、親父もさすがに自分が全て持っていると生活できなくなる事は分かっていて、稼いだお金は俺に預けていたから、俺は必死に遣り繰りを覚えた。
 親父が我慢できなくなってお金を持ち出そうとした時には、俺は恐怖心も捨てて――と言うより、親父よりも生活できなくなる事の方が恐怖だった――親父に飛びかかっていくようになった。
 そうして徐々に、俺は親父に対抗する力を持った。
 親父は、数年前に倒れて以来体調を崩して、それからは明らかに俺の方が強くなった。


 いつも親父から暴行を受けていたせいで、俺は殴られたり蹴られたりする時、どうやってガードすればいいかという事も自然に覚えたし、反撃の仕方も身に着いた。
 その点については、親父に感謝している。
 世の中、いい事ばかりでもなければ、いい人間ばかりでもない。自分の身を守る術を身に着けるに越した事はないし、それを自然と手にする事ができたのは、まぎれもなく親父のお陰だ。


 そう思えるようになった時から、俺にとって親父はただの暴力野郎ではなく、たった一人の家族になった。
 だから、怒鳴りつけられようが尻を蹴りつけられようが、俺は親父の面倒を見る。

 

ーーーーーーーーーーー

新連載第2弾です。よろしくお願いします!(更新不定期です。)

※この作品は、お話の設定上、言葉遣いの悪さや多少の暴力表現等があります。

 

2.俺と親父《後》

もくじ

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。