縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。4作品連載中。

コピー本を作ってみた。

縞衣です。

桜田桜の日常1』のコピー本を作ってみました。

せっかく書いた小説なのでやはり紙で読みたいと思ったのですが、製本するとなると費用もかかるので、とりあえず手元にあった用紙を使って作ってみよう、と思い立ち制作。

せっかく作るなら味わいのあるものにしてみようと、用紙はA4クラフト紙(100円ショップに売っていた60枚入りのもの)を使用。

 

印刷屋さんのHPをたまに見てみるのですが、クラフト紙の場合、黒ではなくダークなカラーのインクで印刷する事もあるようなので、手持ちのインクジェットプリンタ(顔料タイプ)で印刷した場合どうなるか、チェックシートを作ってみました。

f:id:simakoromo:20170405154443j:plain

ワードでシートを作りクラフト紙に印刷。

 

出来上がった本はこんな感じです。

f:id:simakoromo:20170405154742j:plain

手持ちの顔料インクプリンタはA4用紙にはフチなし印刷ができない為、少しフチができてしまいました。そこは少し残念ですが、思った以上にいい仕上がりになりました。(イラストが素敵ですからね。)

 

目次や登場人物の紹介ページも作りましたが、そちらは割愛します。

f:id:simakoromo:20170405155133j:plain

スキャナで取り込みましたが、少し画像が荒く見にくいですね。すみません。

↑ 段組み2段の上段です。

 

本文はWordで作りましたが、PDFで出力後、パソコンに最初から入っていたAdobe Acrobat Reader DCを使って印刷しました。

Wordで見開き印刷にしようとすると結構ややこしかったからです。Acrobat Reader DCでは簡単に見開きの小冊子印刷ができました。綴じる箇所(右、左)さえ間違わなければ、とても簡単に冊子が作れます。

私は目次と登場人物のページをそれぞれ他に作り、PDFにして印刷しましたが、そちらを印刷する時は、綴じた時にどうなるかをイメージする必要があります。間違えると変な場所に余白ページができてしまうので。

とは言え、慣れればそうややこしくもありません。

 

今回作ったコピー本は、表紙が本文と同じ薄い紙なので、遊び紙を一枚加えてみました。(遊び紙もクラフト紙。)表紙の絵が裏にうっすらと透けているのですが、それがまたなんとも言えず素敵です。

 

表紙と遊び紙をのぞいて28ページの本になりました。

茶色い紙に茶色い印字なので見にくいかと思いましたが、慣れるとそうでもありません。

端を切り落としていないので段がついていますが、自分で楽しむためのものなので、あえてカットしませんでした。これはこれで、手作りっぽさが出ていい感じだと思います。

印刷屋さんに頼むと綺麗にできますが、お金も結構かかります。安いところは用紙の種類に限りがあったりもします。自分で楽しむ分を作るなら、コピー本でも十分だと思いました。

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。