読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。4作品連載中。

部長と窓ドン(桜田桜の日常4)

「サクラ君。聞きたい事って何かな?」

 部活後。
 部長が、桜(さく)に歩み寄りながら言った。
 その顔は、満面の笑み。
 くどいようだが、桜はこの部長の笑顔が苦手だ。

「料研に入りたいって友人がいるんですけど、兼部でも構いませんか?」
「料研に入りたい友達?どんな友達?」

 どんな友達?ってどういう意味?と思いつつ「クラスの友達です」と桜が答えると、部長は「ああ、そうじゃなくて」と苦笑した。

「君に気がある子?彼女とか、彼氏とか」
「いえ、普通の友達です。て言うか、彼氏って何ですか」

「彼氏は彼氏だよ。君の噂は、三年にも聞こえてきているよ?女子だけでなく、男子にも人気なんだってね」
「何ですかそれ。そんなの知りませんよ」

 桜は思い切り顔をしかめた。

 『女子に人気』というのが本当ならば嬉しいが、そんな話は聞いた事がない。
 『男子にも人気』というのは、友人が多いって意味なら「まあ、それなりに」と思うけれど。
 この場合、そういう意味ではないという事ぐらい、桜にも分かる。

「そんな嫌そうな顔しないでよ。悪い意味じゃないんだから」
「いや、良くもないでしょ?男子に人気とか、意味分かりません。俺がナヨナヨしてるって言いたいんですか?」

 ついケンカ腰になる桜に、部長は「そうじゃないよ」と面白そうに笑う。

「て言うか。女子に人気かどうかより、そっちの方が気になるんだ?」
「だって、心外ですから。それに、女子に人気なんて事もありません」
「どうして?」
「もしそうなら、告白とかされてもいいじゃないですか。そんなの、一回もありませんから」
「告白ぐらい、いくらでもされているんじゃないの?」

 大きな目をさらに大きく見開く部長に、桜は苛立ちを覚える。
 この人は、本当に苦手だ。
 こういう態度をとられると、馬鹿にされているのかと思ってしまう。

「告白なんてされてません」
「それは、おかしいな」
「どういう意味です?」
「そのままの意味。と言うか…これはかなり、心外だな」
「はあ?」

 心外って、それはこっちのセリフじゃないか。
 何を言っているんだこの人は。
 意味不明なんですけど。

「そんな、『こいつ馬鹿じゃねえの』って顔しないでよ。傷つくなぁ」
 部長はそう言って、桜に一歩近づいた。
 その笑顔がいつもとは違いただならぬ雰囲気で、桜は思わず一歩下がる。
 さっき『心外』と言っていたが、本当に怒っているみたいだ。

 でも、どうして?
 怒りたいのはこっちなんですけど…。

「どうしたの?サクラ君」
「いえ…」

 どうしたのって、あんたが怪しい笑顔で近づいてくるからじゃないか。

 しかし、いくら桜が下がっても、部長はさらに近づいてくる。
 容姿も勉学も完璧な部長は、運動神経もずば抜けていい。

 対して桜は、『お前、よくぼうっとしてるよな』と言われる抜け具合。

 あっと言う間に間合いを詰められ、窓際まで追いやられた。
 桜の両脇の、ガラスではなく枠の部分に手をついた部長が、クスッと笑う。

「壁ドンならぬ、窓ドンだね?」

 いや、部長。
 決め顔だけど、ぜんぜん面白くないです。
 それに、まだ部員のみんながいるけどいいんでしょうか。
 
 しかし、その『部員のみんな』は固唾を飲んで見守るだけで、誰一人、止めようとする者はいなかった。

 

5.入部許可

3.料理研究部の入部規則

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。