読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。4作品連載中。

懐が広い?(桜田桜の日常6)

 部長から解放された桜は、体育館へ向かった。
 花岡に、預かった入部希望書を渡す為だ。

 いつもより遅い時間になり、ちょうどバスケ部も練習を終える頃だった。
 体育館から部員がぞろぞろと出てくるのに出くわし、桜は花岡の姿を探す。

「どうしたの、何か用?」
 部員の一人が、桜に声をかけた。

「花岡君に用事があって」
「ああ。一年は用具の片付けしてるから、もう少し待って」
「ありがとうございます」

「君、もしかしてサクラって子?」
 スラリと背の高いその先輩は、階段を下りて桜に歩み寄る。
「はい。桜田です」

 サクラというのは呼び名だし、桜自身はあまり好きではない。
 だから名字を名乗ったが、「やっぱり」と笑う先輩は、その辺の事はあまり気にしていなさそうだった。

「一年がよく話してるからさ、『サクラ、サクラ』って。てっきり美少女なんだと思ってたら、男なんだもんな」
「よく話してるって、何をですか」
「いろいろだよ。ま、悪口ではないから安心しな」
「何か気になります」
「今日は、弁当の話で盛り上がってたよ。『ミートボールがめっちゃ美味かった!』って」
「ははは、大げさですね」

 桜が笑うと、先輩も「そうなの?」と言って笑う。

「あいつらが大騒ぎしてるから、俺てっきり、よほど美味かったんだと思ってたけど。あ、そうだ。『あいつ、料理研究部だったんだよ!』って話もしてたよ。あと、部活掛け持ちしてもいいか部長に聞いてたな」
「そうですか」

 じゃあやっぱり、入部する気まんまんなんだな。
 部長から許可が下りて、本当に良かった。

「あっ、サクラじゃん!ちょうど良かった、話があったんだよ~!」

 片付けを終えたらしい一年がどっと出てきて、花岡が桜を見つけるなり駆け寄ってきた。

「テレパシーが伝わったか?!」
 冗談を言いながら、桜に抱き付く。
「うわっ、汗がつくだろっ」
「そんなの気にするなよー、料理少年」
「何じゃそりゃっ」

「お前ら、面白いな」
 二人の遣り取りを見て、先輩が笑った。
「あ、どうもありがとうございました」
 桜が先輩にペコリと頭を下げると、「いいっていいって」と、片手をひらひらさせて去っていく。
 
 いいなぁ、背が高くて。
 桜が先輩の後姿を見つめていると、花岡が首に腕を絡めてきた。
 もちろんじゃれ合い程度のものだが、背が高くそれなりに体格のいい花岡にされると、体重がかかって重い。

「何だよっ、苦しいだろ?!」
「サクラちゃん。背伸ばしたいなら、牛乳たくさん飲めよ。そして肉をたくさん食え!鶏ばっかじゃなくて豚も牛も食え!」
「牛なんて食えるかよ、高いのに」
「家計気にしてたら背伸びないぞ」
「牛乳だったらちゃんと飲んでるよ、毎日」

「その割りにはあんまり伸びてないな」
 二人の会話を聞いて、桑尾がそう言った。
「あっ、桑尾!お前、ゴミ捨て行かなかっただろ!」

「ゴミ捨て…?あっ!!」
 桑尾は、言われて思い出したらしい。
「サクラちゃんジャンケンに負けて、お前の代わりに行ったんだよ」
 花岡が説明すると、桑尾は「悪い、忘れてた」と、髪をかき上げた。

「マジで忘れてたんだろうな?!」
「でなきゃちゃんと行ってるって!悪い。俺今日、用具を準備する係だったからさ。一番に行かなきゃってそればっか頭にあったんだよ」
「掃除時間中に行けば良かっただろ?!」

「行こうとしたら、先に机運べって女子から言われたんだよ。で、机運んだら忘れた」
「マジか?!」
「それはちょっとやばくないか?」
「確かに、記憶力がやばい」

 みんなから口々に言われ、桑尾は頭をかきつつ「ごめん」と謝った。

「ごめん、サクラちゃん!ジュース一本奢るから許してちょ!」
 眼前で手を合わせる桑尾に、桜は「もういいよ」と言った。

「わざとだったら締めてやろうと思ってたけど。そうじゃないなら、許す」
「ごめん!さすがサクラちゃん、懐が広い~!」
「それ言うなら、『懐が深い』だろ!」
「あれ、そうだったけ。じゃ、懐が深いぃ~!」
  
 変な節をつける桑尾に、みんなどっと大笑いした。

7.料理は好き、でも一人は少し寂しい

5.入部許可

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。