縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。4作品連載中。

イラストの勉強中です。

縞衣です。

現在、イラストの勉強中です。

桜田桜の日常』1巻表紙イラストは、ココナラにて作家さんを探し依頼しましたが、2巻については、いくつかの理由により、自分で描いてみようと決めました。

 

ずっと昔には漫画家を夢見てほんの少~しだけマンガの勉強をした事もあります。

目が悪くなったり才能のなさに気づいたりして諦めたのですが、まぁ少しでも勉強した事が活かせればいいなぁ、と。

難しくはありますが、最近はpixivでイラストの描き方講座があったり、勉強もしやすくなりましたね。

元々上手くなかった上に、もう何年も絵を描いていなかったので、また一から始めるつもりで勉強しています。

小説の方が遅れていますが、気長にお付き合い頂けたらと思います。(いつも同じ事ばかり書いていますが、本当にそう思います。)

 

今勉強しているのは、水彩イラストです。

最初はデジタルイラストに挑戦したのですが、タブレットでは線を上手く描く事ができません。

アナログでも、私はペン入れがとても苦手で、マンガを描いていた頃も、下絵は良かったのにペン入れで失敗…という事がよくありました。

筆圧が強く、つけペンをつけると紙があっと言う間に痛むんです。ペン先もすぐにダメになって交換しなければならなくなります。苦手なので線がひどく歪む事も。

それを解消する為に使い始めたのが、筆ペンでした。

 

筆ペンのメリットはいくつかあります。

①線の強弱がつけやすく、絵に味が出る。

②多少失敗してもごまかしやすい。

③ペン入れもベタ塗りもこれ1本でOK。

 

油性マーカーやミリペンを使っていた事もありましたが、一番良かったのは筆ペンでした。

ですが、今回は筆ペンを使っていません。

下絵をなぞる…という作業自体にストレスを感じるので、いっその事、鉛筆の下絵に直接色を塗ろう!と思い立ちました。

 

下手なりに毎日絵を描いていた頃に比べ、明らかに技術が落ちています。時間もたっぷりある訳ではないので、いくらでも手軽に使える画材にしたい!という事で、水彩色鉛筆を購入してみました。

私が昔使ってみたものより、発色もよく使いやすい気がします。昔はカラーインクを使っていましたが、あれは時間が経つと乾いて固まってしまうので(耐水性なので溶かして使う事はできない)、今後は透明水彩を試してみたいです。絵具が乾燥しても水で溶いて使えるし、何より、あの色の透明感がとても好きです。

カラーインクも、せっかくあるしもったいないのでいずれまた使ってみたいですが、今はまだちょっと無理なので、とりあえず、ちょこっと時間でも色塗りできる色鉛筆や水彩色鉛筆で、練習を重ねていくつもりです。

最近、塗り絵がブームでたくさんあっていいですね!百円ショップでもかわいいものがあり、一冊購入しました。楽しみながら色塗りが上達するといいなぁ。脳にもいいらしいですしね。

 

桜君のお話は2巻を出すべく本文も推敲中なので、イラストも早く完成させられるように頑張ります。

1巻のイラストを描いて下さった遠藤さんには遠く及びませんが、どうにかようやくイメージを掴めてきたところです。晴夏はいいんですが、桜が難しい!描くたびに違う人になります。

イラストのタッチもいくつか試してみて、私らしいものが描けてきたと思います。

どうしても無理な場合はまたどなたかに依頼する事になるかもしれませんが、とりあえず練習ですね。

もし上達できれば、そのうち、桜と晴夏のファッションイラストを描きため、イラスト集を出してみたいという夢も生まれてきました。(実現するかどうかは謎ですが。)

 

桜の2巻を出せたら、次は『葉蘭万丈!』の1巻かなぁと思っています。葉蘭も難しそうなんですが…どうなる事やら。

とりあえず近況報告でした。

 

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。