縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。4作品連載中。

葉蘭万丈!

7.悪夢《前》 (葉蘭万丈!)

何だろう、とても気持ちがいい。 少しして、それが誰かの手だと気づく。そっと、優しく、髪を梳くように撫でられている。 誰だろう…?親父……? 目を開けて確認したいのに、瞼がひどく重く、それさえも億劫だ。「う…」「大丈夫だ、怖くない。親父さんも俺も、…

6.戸惑いと出会い(葉蘭万丈!)

フカフカの布団が気持ちいい。 その割には肌寒くて、掛け布団を探す。 手を動かすと、何かに触れた。 布団ではない。誰かの……腕。 俺は……どこで何をしていた? ハッと目が覚め、飛び起きた。 「なっ…どこだよここ!」 布団だと思っていたのは、フカフカの苔…

5.逃亡(葉蘭万丈!)

「ごめん親父…」 ガクリと力の抜けた親父を肩に担ぎ、風呂場を出る。 いったん親父を布団の上に寝かすと、服を着た。有り金を全部ビニールケースに入れて上着の内ポケットにねじ込むと、親父を負ぶって外に出る。 雨は相変わらず降っているが、だいぶ勢いが…

4.続 衝撃(葉蘭万丈!)

「お前は家を出ろ」 再度俺の頬を叩いた親父は、先程とは逆の耳に顔を近づけそう言った。「酷い雨で連中も参ってる。用事で出かけるフリをして駅まで行け。できるだけ遠くまで行って、警察に逃げ込むんだ。親の事を聞かれたら、いないと言え」「なっ…」「俺…

3.衝撃(葉蘭万丈!)

今日も雨が酷くて、工事が中止になった。 おかげで、思いがけず休みができた。秋の長雨に助けられている。 俺は朝から機嫌良く買い物に出かけた。雨が酷くても、お構いなし。長靴を履いて傘を差して、雨が傘を打つ音をBGMに、近くのスーパーへ向かった。 高…

最高のクリスマスプレゼント(葉蘭万丈!クリスマス特別短編)

年末年始は、どこも忙しい。 が、うちの場合は少し違う。 俺は主に工事現場で働いているが、年末年始は仕事が休みになるからだ。 だからその頃は、少しだけ気持ち的にものんびりする。 工事現場の同僚たちには年始の挨拶もメールで済ませてしまうし(ちなみ…

2.俺と親父《後》 (葉蘭万丈!)

コンビニで酒を買った。 いつもはこの時間、仕事をしている。 睡眠時間は、平均一日三時間。 それ以外は、主に仕事。 昼間は工事現場で働き、夜は夜間工事やガードマンの仕事をする。 中学の時から、年齢を誤魔化して働いていた。 クビにならないように、必…

1.俺と親父《前》 (葉蘭万丈!)

「酒買って来い!」 怒鳴り声と共に、床にビール缶を叩きつける音が響く。「さっさと行けこの野郎が!」 尻を思いっ切り蹴りつけられた。 親父の酒癖の悪さは、昔からだ。妻である母親は、とっくの昔に逃げ出した。息子の俺を置いて。 もう十年も前の話だ。 …

葉蘭万丈! もくじ

母親は、十年前に出て行った。以来、俺は借金まみれで酒癖の悪い親父と二人暮らしだ。学校にも行かずに毎日働く日々だが、ある日突然、親父が「家を出て行け」と言い出した事を皮切りに、俺の知らなかった事実が判明して…。葉蘭(はらん)の、波乱万丈な人生…

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。