縞衣の小説ブログ

縞衣(しまころも)の創作小説サイトです。4作品連載中。

最高のクリスマスプレゼント(葉蘭万丈!クリスマス特別短編)

 年末年始は、どこも忙しい。
 が、うちの場合は少し違う。
 俺は主に工事現場で働いているが、年末年始は仕事が休みになるからだ。
 だからその頃は、少しだけ気持ち的にものんびりする。
 工事現場の同僚たちには年始の挨拶もメールで済ませてしまうし(ちなみに俺が持っているのはスマホではなくガラケーだ)、他に年賀状を出すような相手もいないから、大慌てでハガキを買う事も、下手な字をさらに下手にして数十枚分の宛名を書く必要もない。


 そんな俺にも、ここ数年、毎年している恒例行事というものが、一応はある。
 それは、クリスマスのケーキ作りだ。
 ――とは言っても、大掛かりなものではなく、普段は縁がないホットケーキミックスを買って大き目のホットケーキを数枚焼き、間に生クリームを塗って重ねただけの、他人から見ればただのホットケーキだ。
 が、わが家ではこれが間違いなく『クリスマスケーキ』だった。
 トッピングの苺さえないけれど、これが我が家の恒例で、作らないと親父が「ねえのかよ」と途端に不機嫌になる。
 素直なのか素直でないのか分からないような親父だが、楽しみにしている事が分かると嬉しくなってしまう俺は、かなり単純でアホかもしれない。


   ★ ★ ★


「おい、何で苺がのってんだ」
 今年はもっとクリスマスケーキらしくしようと思い立った俺は、思い切って苺を買い、ホットケーキの上に並べてみたのだが…親父はどうも不満だったらしい。
「ちょっと奮発してみたんだけど…」
 どうせ、特別な事はこれだけしかないのだ。フライドチキンもフライドポテトもないのだから、これくらいはいいだろうと思ったのだが。


「嫌なら取るけど」
「もうのせちまったんだから、今さら取っても無意味だろうが」
 眉をひそめてそう言うので、俺は伸ばしかけた手を引っ込めた。


「親父って苺嫌いだったか?」
「嫌いじゃない。だからこそクリームなんかにのっけんなって言ってんだ」
「ああ、成程。別々に食いたい派って事か」
 普段、苺なんて買って食べる事がないから知らなかった。
「クリームなんかと一緒に食ったら、せっかくの苺がすっぱくなるからな」
 確かに、せっかく食べるのならそのままがいいという気持ちはよく分かる。


「一パック買ったんだけど、どうせ全部はのせられないから余りがあるんだ」
 慰めるつもりでそう言うと、親父はこの上なく嬉しそうな顔をして、しかしそれを俺に見られたのが気まずかったのか、「それを先に言え」と無理して不機嫌さを装った表情を浮かべて言った。
 つい吹き出しそうになり、俺はどうにかそれを堪える。


「ま、俺からのプレゼントって事で」
「苺がか?家計費で買ったんだろうが」
「まあそうだけど。て言うか、俺小遣いなんてないし」
「俺だってないぞ!」
「親父は酒飲んでんだろ。あれが小遣いみたいなもんだろうが」
「…お前、ほんとに口だけは一丁前になりやがったな」
 しみじみといった体でそう言った親父は、テーブルの下に手を伸ばしたかと思うと、パッと俺に何か投げてよこした。


「ん?」
 拾ってみると、手袋だった。黒地に、グレーと白のチェック模様の。
 これがいくらか知っている。百円だ。百円ショップで売っているのを見た事があるし、買うかどうか迷った挙句、結局買わなかった手袋だから。
「親父…」
 俺の好みをちゃんと知ってたのか、と思わず感動して、俺は親父に飛びついた。


「うわっ!百円だからって切れんなよ!」
「切れてんじゃねえよ!サンキュー親父!」
「喜んでんのかよ…!」
 紛らわしい事しやがって!と軽く蹴られたが、俺はまったく気にならなかった。
 親父がプレゼントをくれるなんて、多分はじめてだ。
 たとえそれが百円で、ラッピングさえされていなかったとしても、俺にとっては小躍りしたくなるくらいに嬉しい事だった。


「ま、俺も家計費で買ったんだけどな」
 照れ隠しでそんな事を言う親父に、俺はさっそく手袋をはめて見せた。
「ほら、これで寒くないな!」
「…そんな安物で喜んでんなよ」
 やっぱり憎まれ口は叩くらしい。でもそんなところが、素直だけど素直でない親父らしくて、俺は声を上げて笑っていた。


「お前、かなりちょろい男だな」
「俺は親父に似てるからな」
「何だと?!」
 そこからケンカになって――と言っても、これは親父と俺にとってはちょっとしたレクリエーションみたいなものだ――軽く蹴ったり小突いたりし合った後、気づけば二人して笑っていた。

 こうして親父と笑う日が来るなんて、昔の俺は想像もしていなかった。
 だから今のこの時が、俺にとって最高のクリスマスプレゼントだ。

  Fin

 

★ ★ ★

 本編では出だし秋ですね。このお話は、その前の年のクリスマス風景です。

 

このブログで掲載されている作品は全てフィクションです。 実在の人物・団体等には一切関係ありません。 また、作品の無断転載等を禁じます。